【速報】ダイハツ工業本社に国交省が立ち入り検査

fraud.jpg ニュース

安全性試験で不正データを使用 全車種で出荷停止 報告内容に間違いがないか調査

 ダイハツ工業が不正なデータを使って国の認証を
取得していた問題で、21日、大阪府池田市の本社に
国交省が立ち入り検査に入りました。

 21日午前9時前より、大阪・池田市にあるダイハツ本社で
道路運送車両法に基づき国土交通省の職員らによる
立ち入り検査が行われていて、報告内容に違いがないかなどを
調査しています。

 ダイハツ工業は車の安全性を確認するための衝突試験を
正しく行わず、不正なデータを用いて国の認証を
取得していたことが明らかになっています。

 第三者委員会による調査の結果、不正は1989年から
確認されていて新たに25の試験項目で174の不正が
あったことが判明しました。

 不正は生産を終了したものも含め64車種にのぼり、
ダイハツブランドのみならず、OEM供給しているトヨタ、
マツダ、SUBARUの車も含まれるということです。

 ダイハツは国内外で生産中のすべての車種の出荷を
停止しています。

ダイハツ担当者「検査には全面的に協力していく」
ダイハツの担当者

 立ち入り検査を受けてダイハツの担当者は
「検査に全面的に協力していく」などと話しました。

 (ダイハツの担当者)
 「皆様にご迷惑をおかけし、信頼を裏切るような事態になり
申し訳ございません。立ち入り検査は不正が発覚し
昨日報告したことから改めて当局の目で私たちの中身を
見ていただくことは必要なこと、全面的に協力させて
いただいて信頼回復に取り組んでいきたいと思います」

会見でダイハツ社長が謝罪「不正行為を生んだ責任は経営陣」
20日の会見の様子

 12月20日、ダイハツ工業などは会見を開き
「不正を生み出す環境を作ったのは経営陣」などと話しました。

 (ダイハツ工業 奥平総一郎社長)「その(不正)行為を
生み出す環境を作った責任は経営陣にあります。
自動車メーカーとして根幹を揺るがす事態であると大変重く
受け止めております」

【新たに不正発覚した車種一覧】
MBSニュース

生産中の車種は以下の通りです。このほか生産終了や
海外モデルでも発覚しています。

1 ミラ イース ダイハツ
2 ピクシス エポック トヨタ
3 プレオ プラス SUBARU
4 タント ダイハツ
5 シフォン SUBARU
6 タフト ダイハツ
7 ムーヴ キャンバス ダイハツ
8 コペン ダイハツ
9 コペン トヨタ
10 ハイゼット カーゴ(デッキバン含む) ダイハツ
11 アトレー(デッキバン含む) ダイハツ
12 ピクシス バン トヨタ
13 サンバー(バン) SUBARU
14 ハイゼット トラック ダイハツ
15 ピクシス トラック トヨタ
16 サンバー トラック SUBARU
17 ロッキー ダイハツ
18 ライズ トヨタ
19 レックス SUBARU
20 トール ダイハツ
21 ルーミー* トヨタ
22 ジャスティ SUBARU
23 グランマックス ダイハツ
24 タウンエース* トヨタ
25 ボンゴ マツダ
26 プロボックス* トヨタ
27 ファミリア バン マツダ

(*過去「ルーミー」は「タンク」、「タウンエース」は
「ライトエース」、「プロボックス」は「サクシード」
という名称でも販売 販売開始年月など、
詳細はダイハツHPなどで確認してください)
【引用元:MBSニュース】
https://news.yahoo.co.jp/articles/488c8cc765ac5a9a9e9634c780e553ea43eeea18

30年以上の不正となると大事ですね。
8000社以上への影響がという記事も
見ましたが、異常事態ですね。
かなり前になりますがタウンエースに乗っていました(汗)
今後の動向を注視します。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました