中小企業が直面している課題“適正価格での取引”

fare-increase.jpg ニュース

「後押しする」福岡商工会議所が中期方針発表

福岡商工会議所は今後3年間の中期方針を発表しました。
取引価格の適正化を推進するほか、会議所ビルの
建替えを具体的に検討します。

【写真で見る】福岡商工会議所が中期方針発表

“サービス価値に見合った適正価格での取引”推進する方針

福岡商工会議所 谷川浩道会頭「中小企業のみなさんが
直面している大きな課題。それは『適正価格での取引』。
これをいかにスムーズにやるのか」

福岡商工会議所の谷川浩道会頭は、今後3年間の
中期方針の最重要課題に「取引適正化の推進」を掲げ、
「中小企業が商品・サービスの価値に見合った
適正な価格で取引できるよう後押しする」と述べました。
また、組織基盤の強化として、福岡商工会議所ビルの
建替えについて具体的な検討をはじめるとしています。
1970年に建てられた福岡商工会議所ビルは地上9階、
地下2階のビルで、大小様々な会議室を備えるほか、
飲食店などが入居しています。谷川会頭はビルの
概要や建替えの時期について、「不動産の状況などを
踏まえながら慎重に選んでいきたい」と話しています。
【引用元:RKB毎日放送】
https://news.yahoo.co.jp/articles/29d230c38f3ed5f2b4a3116a7670d6e58c5ab784

適正価格推進をあらゆる機関が進めていくことは
重要ですね。
安いだけでは限界が来ていますのでしっかり
適正に向けてあらゆる面で補正していって
欲しいですね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました