経費扱いの交際費【政府・与党方針】

oyster.jpg ニュース

上限「5千円」→「1万円」へ 

 企業が取引先との接待などに使う交際費のうち、
税法上、経費扱い(損金算入)として非課税にできる
「1人あたり5千円以下」の飲食費について、政府・与党は
上限を1万円に引き上げる方針を固めた。
物価上昇に伴い条件が厳しいとの声が出ていた。
与党の税制調査会での議論を経て、今月中旬にも策定する
税制改正大綱に反映させる。

 税法上、交際費は損金不算入が原則だが、2006年度の
税制改正で1人5千円以下の飲食費は除外され、
損金として算入できることになった。

 法人税は益金から損金を差し引いた金額に税率を
かけて決めるため、企業としては損金算入できると税負担が
減ることになる。中小企業向けには、800万円までは
損金算入できる特例もある。

 1990年代初頭に約6兆円だった企業の交際費は、
近年は約3兆円まで半減している。上限を引き上げることで、
中小企業と大企業の間の取引の維持や拡大、コロナ禍で
ダメージを受けた飲食産業の活性化、といったねらいがある。
与党幹部からは「企業が飲食費を使えば経済もまわっていく」
との声が出ていた。

 日本商工会議所は、接待飲食費の額を社内規定などで
1人5千円以下としている企業が多く存在することから、
「税制が法人の飲食需要の拡大に水を差している」と指摘し、
2万円以下への引き上げを求めている。(松山尚幹)
【引用元:朝日新聞デジタル】
https://news.yahoo.co.jp/articles/70c2ae2c25920102f5d63226bd041c99588348b8

経費を使う企業も飲食店もWIN-WINで非常に良いと
思います。
時期的には忘年会前に適応が良かったのではないかと
思います。飲食店側から考えるとかきいれどきですので。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました