1キロ380円も? エッグショック再燃か

chicken.jpg ニュース

今冬も鳥インフル相次ぐ

 全国4カ所の養鶏場で鳥インフルエンザの発生が相次ぎ、
卵が品薄となる「エッグショック」が再燃する懸念が出ている。
春先のピークから下落傾向にある価格は最高値を更新する
可能性も指摘され、クリスマスや年末年始商戦を前に
業者らは戦々恐々としている。
【御園生枝里、安藤龍朗、坂根真理】

 ◇スーパーの客、買い控え

 「卵の価格は、また上がると思いますよ」。東京都墨田区の
「スーパーイズミ」の五味衛(ごみ・まもる)社長(64)は
表情を曇らせた。

 価格が高騰した昨冬、卵の売れゆきは普段の半分程度。
物価高騰のあおりを受け「食費を抑えたい」と考える客が増え、
卵を買い控える傾向が続いているという。

 「1日置きに卵を買っていた人が1~2週間置きに
買うようになりました。『卵はお客さんを呼ぶ商品』と言われ、
以前は安くすれば客は増えたけど、今は値下げしても
あまり買ってもらえません」

 実際、赤玉MSサイズ1パック248円の「お買い得品」
と比べ、300円台のパックは売れゆきがいまいちだ。

 「12月は卵を最も使う時期でしょう? 
そこに鳥インフルエンザが流行してしまったら……」。
需要が高まる時期だけに、供給量が減れば影響は大きい。

 ◇クリスマスケーキ値上げ

 首都圏を中心に全国展開する洋菓子チェーンは
昨年以降の動向を踏まえ、クリスマスケーキの値上げに
踏み切った。売れ筋の4~5人向けサイズは300円値上げし
3900円、5~6人向けサイズは400円値上げし4500円とした。

 小麦粉やバターなどの原材料費の高騰が主な要因だが、
卵の市場価格も考慮したという。
同社の広報担当者は「今季の鳥インフルエンザの影響では
ありませんが、昨年からの市場動向を踏まえて値上げを
決めました。卵の価格が今後どうなるか、状況を見守っています」。

 新潟市の水産練り製品メーカーも、今後の動向を注視する。
全国有数のシェアを誇る同社は、正月用のおせちに
欠かせないだて巻きを昨季は約1割値上げした。

 今季は価格を据え置くが、同社幹部は
「毎年のように鳥インフルエンザが発生しています。
現段階で卵の調達に影響はありませんが、エッグショックが
続けば大変です」と危機感をにじませる。

 ◇識者「1キロ380円の可能性」

 卵卸大手「JA全農たまご」の相場によれば、Mサイズの
月平均卸売価格(東京地区)は今年4月と5月に1キロ
当たり350円を記録し、統計が公表されている1993年以降で
最高値となった。

 飼料価格の高騰や円安の進行に加え、昨年10月下旬以降に
流行した鳥インフルエンザの影響で供給不足が深刻化した。
価格はピークを過ぎて下落傾向にあり、今年11月は
1キロ254円となっている。

 しかし、卵の生産・流通に詳しい元東京農業大教授、
信岡誠治さんは「昨季殺処分された採卵鶏約1650万羽のうち
4割はまだ回復していません。供給態勢が完全に戻っていない
現状で昨季並みに感染が広がれば、1キロ380円となる
可能性もあります」と指摘する。

 今年、養鶏場での鳥インフルエンザは11月25日に
佐賀県で確認されて以降、茨城▽埼玉▽鹿児島――の各県で発生した。

 信岡さんは「ウイルスの侵入を完全に防ぐ方法は
確立されていません。生産者は消毒や空気口への
フィルターの設置などで対策をしていますが、
感染するかどうかは運です」と語り、予断は許さない状況だ。
【引用元:毎日新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/49052c91198c756ec866825cb7a6699f9be3271f

たまごの値上げ・・・
ご勘弁いただきたいです・・・
我が家は消費量が多いのでダメージが・・・
購入制限までなれば最悪です。
自然現象なので仕方がないですが
ショックです。
飲食店にも影響が出ますので
早く落ち着くことを願います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました