活断層が連動で大規模化

earthquake.jpg ニュース

3000~4000年に1回の規模…遠田晋次・東北大教授

 石川県能登地方で発生したマグニチュード(M)7・6の
地震について、東北大の遠田晋次教授(地震学)は9日、
能登半島北側の活断層帯が連動し、強い地震を引き起こしたとの
見方を示した。
今回の地震の規模は、この地域で3000~4000年の
間隔で発生するものだったという。
仙台市の東北大で開かれた報告会で概要を発表した。

 地震では、半島で約4メートル隆起した地点が確認されるなど
大規模な地殻変動が起きた。
この一帯は平均して年間1ミリ・メートルほどの速度で
隆起することなどから、遠田教授は今回の地震の発生間隔を
3000~4000年程度に1回の規模と推定した。

 半島北側には北東から南西に長さ100キロ・メートル余りの
活断層帯がある。政府の地震調査委員会は2日、
「長さ150キロ・メートル程度の断層がずれ動いた可能性がある」
との見解を示したが、活断層帯との関連は不明としている。
一方、国土交通省の有識者会議が2014年にまとめた報告書では、
活断層が連動してずれ動けば、今回と同じ規模の地震が
起きると予想していた。

 遠田教授は「日本海側は活断層の密集域で、長期評価や
強震動評価を行う必要がある」と指摘。今回の地震が半島南西側の
活断層に影響し、別の地震の発生確率が高まる可能性もあると報告した。
【引用元:読売新聞オンライン】
https://news.yahoo.co.jp/articles/5f4682b164766ed0827669b025b406355554dc38

地震などの天災においての専門家等の見解については
非常に興味があります。
研究や調査などを踏まえて可能性を考えて
今後に活かすために発言してくれています。
昨日にXを見ていてビックリしたのが
「人工地震説」について記載されていました。
???って感じで拝見しましたが私見として
さすがにそれはないのではないかと思いました。
内容がフィクション映画のあらすじを
見ているかのような内容でした。
世の中には知られていない闇があるとは思いますが
本当にこのような陰謀があるのであれば
もう何も信じられませんね。

南海トラフ巨大地震が発生する言われていますが
今回の地震で現実味が出てきたと感じます。
天災への対策と防止は困難極まりないですが
人間の進歩により防げるようになればいいですね。
日本にて地震は避けて通れない道ですので
切に願うばかりです。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました