2024年に施行される【働き方改革関連法】

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

運送業の夫にはどのような影響がありますか?

今の日本では、少子高齢化やライフスタイルの多様化
といった時代の変化により、自分に合った働き方を
選択できることが望ましいとされています。

働き方改革の一環として労働基準法に「時間外労働の上限」
についての規定が加わり、すでに適用されていましたが、
2024年4月よりトラック・バス・タクシーなどの
自動車運転者や医師などにも適用されることが決まりました。

本記事では、2024年に施行される働き方改革関連法施行に
よる運送業への影響や懸念点についてご紹介します。

2024年4月からはじまる「働き方改革関連法」とは?
2019年より順次施行されている「働き方改革関連法」ですが、
業務内容が特殊で長時間労働になりやすい自動車運転業務・
建設事業・医師については「時間外労働の上限」の
適用が猶予されていました。

そして、2024年4月より規制が適用されることになったのです。
今回は、運送業を例に挙げ、具体的にどのような規制が
設けられるのかをご紹介します。

まず、特に長時間労働になりやすいといわれている
トラックドライバーについては、時間外労働の上限が
「月45時間、年360時間以内」になるよう規制されます。
この時間を超える必要がある場合は「年960時間以内」に
なるよう調整しなければなりません。

さらに、拘束時間や休息期間・連続運転時間などを規制する
改善基準告示も適用されていますが、この内容についても
表1のように変更になるため、確認しておきましょう。

図表1

※国土交通省 東北運輸局
「物流の『2024年問題』とは」を基に筆者作成

新しく追加された法案における懸念点
今回、新しく追加される法案によりトラックドライバーの
労働時間が短くなり、輸送能力が不足することが懸念されています。
具体的には、以下のような問題が起こる可能性があると考えられます。

・歩合制の場合、ドライバーの収入が大幅に減少する
・収入が減少することで、ドライバー不足に陥る
・1日に運べる荷物の量が減り、運送業者の利益が減少する
・短時間で業務をこなす必要が出るため、交通事故のリスクが高まる

このような問題を解決するためには、荷主企業や物流の
利用者も一体になって対策を考えていくことが大切です。

2024年施行の【働き方改革関連法】が運送業に与える影響は大きい
2024年4月より、働き方改革関連法が自動車運転者にも適用され、
時間外労働の上限が設けられるとともに、拘束時間・休息期間・
連続運転時間のルールも新しくなります。

これにより運送業で働く労働者の労働環境が良くなることが
期待されると同時に、輸送できる荷物の量が減り、ドライバーの
収入が減少することなどの問題点が出てくるのではないかと
心配されています。

問題解決のためには物流に関係するすべての人たちの理解や
協力が必要になるため、家族としてできることを
考えてみるといいでしょう。

出典
厚生労働省 時間外労働の上限規制の適用猶予事業・業務
厚生労働省 適用猶予業種の時間外労働の上限規制
特設サイト はたらきかたススメ 業界別の取り組み トラック
国土交通省 東北運輸局 物流の「2024年問題」とは

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
【引用元:ファイナンシャルフィールド】
https://news.yahoo.co.jp/articles/11bda20db5878221beff2cd1848a96fb284f36e3

これまで頑張って走った分で収入が増えていた
ドライバーさんにとっては大ダメージです。
しかしながら体を酷使して色んな面で危険と
表裏一体だったのは間違えありません。
待遇面により同業他社や他の業種への転職が
加速しているのが現状かと思います。
トラックだけではなく、タクシーやバスの運転手さんにも
同じことが起こっています。
法令の変更などの検討が進められていますので
抜本的な改革が出来るような施策が実施されることを
切に願います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました