大型・中型車もAT限定免許

License-renewal.jpg ニュース

「物流の2024年問題」で警察庁が導入検討[新聞ウォッチ]

今さらながらと、思った人も少なくないだろう。
警察庁が、道路交通法の施行規則を改正し、トラックや
バスなど大型や中型の車両についても、普通車と同じように、
オートマチック車(AT)限定の免許で運転できるように
する新たな制度を導入する方針を固めたという。

【画像全2枚】

きょうの各紙も「免許要件緩和、大型・中型車もAT限定免許」
などと大きく取り上げているが、長距離輸送などを担う
トラック業界などでは、ドライバーへの時間外労働の
上限規制の適用で人手不足が深刻化するいわゆる
「2024年問題」への対応が大きな課題。
だが、現在の運転免許制度では、トラックや路線バス、
マイクロバスなど「大型」もしくは「中型」と位置づけられる
車両の運転には、マニュアル車(MT)免許の
取得が必須となっている。

運送業界の人手不足などに対応するため、マニュアル免許よりも
取得が容易な、オートマチック車限定の免許を導入して
ほしいという、業界の要望も強く、このため、警察庁も
有識者会議を設置し、今後の免許制度について
検討を進めてきたという。

その結果、5月18日までパブリックコメント(意見公募)を
実施して、道路交通法の施行規則などの改正を
目指すとしている。具体的には2026年に
中型(客を運ぶ車の運転に必要な2種含む)と準中型免許に、
翌27年に大型免許(2種含む)にそれぞれAT免許を
導入する計画だという。

また、AT免許の導入に伴い、免許を取得する際の
指定教習所での技能教習や、運転免許試験場での技能試験の
内容も見直す方針で、大型や中型のAT免許を取得する場合の
教習時間は、MT車にも乗れる免許よりも
4時限(計3時間20分)短くなり、その分、教習にかかる
費用も安くなるという。MT免許を取得する場合も、
クラッチとギアの操作の教習だけMT車を使い、
ほかはAT車で行うようになるそうだ。

AT車は普通車の乗用車ばかりでなく、トラックやバスも
増加傾向にあり、業界団体の調査では、運輸業界が22年に
保有する車両の34%がAT車で、23年に販売された
大型バスの約9割、大型トラックの約7割をAT車が占め、
「メーカーや運輸事業者の多くが今後もAT車の生産や
保有を増やす意向だ」とも伝えている。

大型免許を持たない者がとやかく言うことはできないが、
MT車にも乗れる免許であろうとAT車限定であろうと、
ハンドルを握るドライバーが、交通ルールを守りながら
常に安全運転を心掛けるしかないだろう。
【引用元:レスポンス】
https://news.yahoo.co.jp/articles/235fa7548b6e0f1be1692641dde30401c81a334f

ドライバーを増やす対策としてAT限定を増やすよりも
免許取得と運送会社やバス会社への就職をセットでの
助成金などを導入していただく方が良いのではないかと
考えます。大型ドライバー就職祝金でも良いかもしれません。
免許だけだと取得のみの人が増えるだけになるので
就職がセットだと良いと考えます。
ドライバーさんが増えるように国の後押しが必要です!

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました