「避難所なんだと思ってる」賞味期限切れ食品にシェフ怒り

Donation.jpg ニュース

一方的に置いていかれた支援物資…“民間物資”の受け入れ一時中止に

地震発生から1週間が過ぎ、ギリギリの避難生活が続く中、
届き始めた支援物資の扱いに困っている人がいるのも事実だ。

七尾市の避難所で500食以上を炊き出し
石川・七尾市の避難所にできた段ボールの山。
小学校の玄関を埋め尽くしている。

これらはすべて支援物資。中には古着とみられる大量の洋服や、
賞味期限が2019年8月で切れたドリンクもあった。

この現状に怒りの声を上げる人物がいる。

「この大半が使えないゴミ、避難所なんだと思ってる 
昨日の事、長野ナンバーのトラックが来てトラック1杯分 
半分以上のゴミを置いて帰った ドリンクは全て賞味期限切れ 
なんて野郎だ」

こうSNSに投稿したのは、石川・金沢市でレストランを経営し、
避難所で炊き出しにあたっているシェフの川本紀男さん。
1月9日、川本さんを取材した。

ボランティアで訪れている 川本紀男シェフ:
毎日すごい量で、結局どんなものかがわからない。

今回の地震では、川本さんの店も被災した。
調理場には食器などが散乱。無数のワインが床を埋め尽くし、
店の壁も大きくはがれ落ちた。

川本さん自身、被災した身でありながら、炊き出しのために金沢市から
約3時間かけて、避難所になっている七尾市の小学校へ。
ホールに山と積まれた支援物資は、いずれも個人や民間企業から
送られてきたものだという。教室にも物資がずらりと並んでいたが…。

ボランティアで訪れている 川本紀男シェフ:
食べられるものが1個もないもん。バナナしかない。
晩ごはん作る材料はほとんどない。

この小学校への避難者は約250人。
朝と夜、あわせて500食以上の炊き出しが必要だ。
支援物資のチェックを終えた川本さんは、さっそく夜の炊き出しの
準備に取りかかった。ところが…。

川本紀男シェフ:
200人分作るっていうのは不可能に近い、毎回毎回。

頼みの綱となるはずの支援物資に炊き出しに使えないものも
多いという現状に、複雑な心境を明かした。

川本紀男シェフ:
電子レンジに入れなくちゃいけないものは、基本使えないですよね。
電子レンジの数が少なすぎるので。

中には、廃棄せざるを得ない食料もある。マツタケの茶碗蒸しや
卵豆腐には「要冷蔵商品のため廃棄」と書かれていた。

川本紀男シェフ:
冷蔵庫がないから、ここは。小学校ですから。
ノロとか食中毒が一番気にしているから、出したくても出せない。
支援してくれた人には悪いんですけど。支援してくれた人は、
冷蔵庫がないなんて思っていないでしょうしね。

「ボツ」と書かれた段ボールに入っていたカンパンを手に取った川本さん。

川本紀男シェフ:
賞味期限いつなの?切れてるじゃないの。
これはおそらく氷山の一角みたいなものですよ。
これ(レトルト食品)も23年ですよ。これ誤ってね、
もし被災者の人に手渡しで渡ったら、僕らが言われますよね。

ふりかけの賞味期限も、2023年12月4日。
一方的に置いていかれた支援物資の中には、品質がわからない
ものもあることから、扱いに頭を痛めていた。

川本紀男シェフ:
どこからどこまで手をつけていいかわからない。
現状では仕分けが追いつかないですよね。
もう毎日、たまっていく一方です。だから、今ここは完全止めました。
民間の物資は。

善意で行われる支援が、真に被災者の支えとなることが求められる。
(「イット!」1月10日放送)
【引用元:FNNプライムオンライン】
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3fdc4c00709ee6701ad33f0fd780861fc9a136f

賞味期限切れ・・・
これは酷いですね。考えられない行為です。
善意ぶって悪意としか言いようがありません。
このような事が今後無いように切に願います。
被災地で集団食中毒でも発生したら目も当てられません。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました