物流2024年問題で消費者は「送料アップ」を懸念

delivery.jpg 物流2024年問題

ECの満足度につながるのは「送料の安さ」「商品数の豊富さ」が上位。

EC事業支援のアートトレーディングが実施した
ECサイト活用の意識調査によると、満足度につながる
重要項目として送料の安さ、商品数の豊富さなどが上位にあがった。
調査対象は全国の男女20代~90代の合計1000人。

■ 満足度のカギは「送料無料」「商品数」「配達スピード」

ECサイトで商品を購入する際、最も満足度が高いポイントに
ついて、「送料無料」(26.4%)、「商品数が多い」(22.8%)、
「注文から到着までが早い」(18.2%)の順で票数が集まった。

「問い合わせ対応」「梱包の丁寧さ」といった店舗や
EC運営側で行う対応は、上位結果と比較すると
あまり重要視されていない傾向が見られた。

■ 物流2024年問題、7割の消費者が理解

物流2024年問題についてどの程度知っているかという
質問には、「内容を説明できる」(16.5%)、
「なんとなく知っている」(49.7%)を合わせると
約7割が、問題について理解している状況にある。

物流の2024年問題とは、働き方改革関連法の施行に伴う
「時間外労働時間の上限規制」などが2024年4月から
「自動車運転の業務」にも適用されるようになることで、
運送会社では収入減少によるドライバーの離職や売上減、
荷主企業は運賃値上げの可能性などが危惧されている
物流業界の諸問題のこと。

■ 消費者の多くが送料に関わる料金アップを懸念

物流2024年問題によってECサイトの活用に
さまざまな影響が出ることが予想されるなか、
最も「これだけは許せない・何とかしてほしい」
と感じることは何かを聞いたところ、
「送料が高くなること」(33.9%)、
「送料無料が撤廃されること」(25.2%)、
「不在時の再配達料がかかること」(19.7%)
といった料金に関する回答が上位を占めた。

アートトレーディングは調査結果を踏まえて、
下記のような対策を行うことで、消費者の意識改善、
さらには「物流2024年問題」解決の一助になると
提唱している。

・送料負担の所在を明確化し、実際に生じている
物流コストについて消費者の意識を促す
・「送料無料」と表記する場合は、同梱発送の実施や、
上限金額を設ける

なお、消費者庁は、消費者の物流問題に対する意識改革や
行動変容を促すため、EC事業者に対し、「送料無料」の
表記をする場合は送料負担の所在を明確化するなど
見直しを求めている。

□ 調査概要

・調査名:ECサイト活用に関するアンケート
・調査内容: ECサイト活用における意識調査
・調査対象:全国20代~90代の男女
・有効回答数:1000人
・調査実施日:2024年2月16日~2月17日
・実施:アートトレーディング

【引用元:ネットショップ担当者フォーラム】
https://news.yahoo.co.jp/articles/34c08e5394f5e92a4018087c79a6342225302b21

販売促進のため送料無料などの謳い文句で
販売をしてきたことが当たり前となってしまい
送料がかかることへの懸念となってしまっています。
送料の考え方としては、店舗に階に行く手間(時間・交通費)
との対比で購入者側がどちらを取るのかを選択するものです。
少しでも安い方を選択するのが大半だと思いますが
ライフサイクルにより買いに行けなかったり、
スグに欲しかったり、予約したいなどは送料を上回る
理由がある人は購入されます。
リアル店舗より商品自体は安く変えることはあるかと思いますが
送料を一緒にしてはいけません。
当たり前になってしまったことを元に戻すには
大変な労力と時間がかかりますがそうしなければ
物流の未来はありません。
何かのサービスを受けるには費用がかかるという
当たり前な状態に戻ることを切に願います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました