もはやイジメ…「段ボールが傷ついた!」と

truck.jpg ニュース

返品・弁償させる理不尽な荷主たち

 人気YouTuberが大きな荷物を玄関内まで運んで
もらえなかったと文句を言って物議を醸したが、
実際ドライバーは理不尽な荷主からの「返品」「弁済」を
非常に恐れているようだ。物流を支えるドライバーたちの
知られざる苦労とは?
本稿は、橋本愛喜『やさぐれトラックドライバーの一本道迷路 
現場知らずのルールに振り回され今日も荷物を運びます』
(KADOKAWA)の一部を抜粋・編集したものです。

● 段ボールは梱包材か それとも商品の一部か

 読者各位に問いたい。

 ネット通販などで商品を買った時、段ボールに1cmほどの
穴が開いていたら、苦情を入れるか。中身の商品は全くの無傷だ。
それを梱包する段ボールにだけ傷がついていた場合、「返品」や
「弁償」の依頼をあなたはするだろうか。

 私がトラックドライバーの労働環境のなかで最も理不尽なうちの
ひとつだと思っているのが、この「段ボール問題」である。
世界でも類を見ないほど輸送クオリティの高い日本では、
本来梱包材である段ボールも『商品の一部』と考える不届きものが
一定数存在するのだ。

 実際に現場には、ほんの少し段ボールに傷がついたり、
荷物を縛り固定するために使ったラッシュベルトの跡が
ついたりしただけで、商品を返品させられるケースがある。

 何千歩か譲って宅配の場合は「個人の所有物」であるから、
ある程度そういうクレームが発生しても事情を汲む余地は
あるかもしれない(個人的には全くもって納得できないが)。

 が、私がより憤っているのは、これがスーパーやコンビニに
陳列されるラーメンやお菓子、飲料などを運ぶ「企業間輸送」の
段ボールで発生していることだ。

 末端の消費者に出す荷物でもないのに、少しでも梱包材に
傷がついていたらクレームになるというのは、もはやトラック
ドライバーへの「いじめ」でしかない。

 「飲料を運んでいます。商品が入れられている段ボールに
少しの擦れがあるだけで返品させられます。もちろん中身は無傷です」

 「バラ積み(ひとつひとつ手での積み込み)による荷物同士の
擦れで返品。夏場に汗が段ボールに付いたから返品。緩衝材の
汚れが段ボールについても返品」

 敢えて強調しておくが、段ボールは梱包材だ。
つまり「中身が傷つかないようにするためのもの」で、
傷がついてナンボの存在である。

 スーパーやコンビニなどに届けられれば、店員によって
開けられ、そのあとは「ごみ」になるだけだ。にもかかわらず、
コンビニに配送する段ボールでは「糊がちょっとでも剥がれて
たら返品させられる」と訴えるドライバーもいた。

 「中身は無傷なのに、傷ついたら段ボールだけ発注して詰め替え。
無駄なことばかりしています。どこがエコなのか。
詰め替え用の段ボールも納品や積み込みで近くに行った時に
自分で取りに行き、謝って新しいのを受け取って詰め替え、
再度お店に運びます」

 そんな荷物のメーカーに限って「SDGs」とか言うから閉口しかしない。

 ドライバーから聞いた「ほんの少しの傷で段ボールを運送会社負担で
替えさせた会社」が、その後、某省庁主催のSDGs関連表彰制度で
表彰されていたこともあった。ちなみに、企業などが
「環境に配慮している」とアピールしておきながら、大した活動を
していないことを社会学的には「グリーンウォッシュ」と言ったりする。

● ドライバーが荷物を 「買取」するケースも

 こんなことが少なくない現場で起きていること、
許されていることが信じられないのだが、実はこの理不尽には
さらに続きがある。

 なかには段ボールが傷つくと「返品」ではなく、ドライバーが
その荷物を「買取」させられることもあるのだ。

 さらにあり得ないことに、ひとつの段ボールが傷ついただけで、
パレットに積まれた荷物まるごと「お買い上げ」という場合もある。

 驚くな、理不尽はまだ続く。

 その「買取」、カネは払わせておいて商品そのものはドライバーに
渡さない荷主までいるのだ。もうこうなりゃ、新手の詐欺だろ。

 「ある飲料メーカーは破損で弁済しても品物は荷主の所有物になります。
弁済は会社の荷物保険。個人的には免責の分を月1万円ずつ
3回払いしました」(注:弁済…荷物の積み下ろしの際、
荷物が無傷であっても、段ボールにわずかな擦れや汚れ、
角潰れがあるだけで返品・買取させられることがある。)

 「弁償だけさせて品物は渡さないとか意味分からん。
中身大丈夫でも箱に傷つけただけで買取。輸入品の唐揚げの箱が
破れてたのに気付かず、2万円の弁償で商品はメーカー預かりでした」

● 弁済させる荷主の おかしな言い分

 大事なことなのでもう一度言うが、中身は無事なのだ。
こうした状況に、現場のドライバーからは「そんなに段ボールが
大事だったら段ボールに段ボール詰めろよ」という至極まっとうな
意見が噴出するのだ。

 なぜ荷主はドライバーに弁済させておきながら、商品を渡さないのか。

 その理由をある荷主に聞いたところ、「表向きは、もし正規外の
ルートで流通した商品によって事故が起きたらメーカーとして
対応ができなくなるから。でも、その買い取らせた商品を
ネットオークションなどで安く売られては困るからという
本音も裏にはある」という。

 また、ある運送関係者も、「昔、買取したものを運送会社側が
安く売りさばいて、負担を少しでも抑えようとしていましたが、
それはメーカー的にアウトらしく。小売で売れば500円なのに
運送会社が商品を300円で売ったら自社には1円の利益もないですからね」

 もう一度問う。あなたは段ボールの傷だけで返品を依頼するだろうか。
梱包材の傷だけで「弁済」を求めるだろうか。
【引用元:ダイヤモンド・オンライン】
https://news.yahoo.co.jp/articles/0bd9d95e88ae8b54d08510b1bd226ecb47c31a3a

このような現実は多々あります。
大手商社でも卸商品が届いた際に
箱に軽微な傷があるだけで受け取り拒否や
代わりの箱の要求などをされます。
しかもこの商品はアウターカートンと
インナーカートンの2重となっていますが
それでもこのような現状なので最終的には
外装キズ対策で無地ケースを作成し、
3重で送付する対策で治めました。
カートンにプリントがあればそれも商品の
一部だからと無茶苦茶なことを言っており
チャーター便なら傷がつく確率を大幅に減らせますが
小ロットでそんなことをしていたら商売が成り立ちません。
ある一定の人はアウターカートンの意味を理解していないので
苦慮する部分があります。
一般のお届けでアウターカートンの軽微な傷などに
クレームをつける人は転売ヤーが多いという事も
あります。
商品を保護するための梱包資材ですので
商品の一部と理解する事は本当にやめてほしいですね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました