大雪で立ち往生した車両撮ります!!

cold-wave.jpg ニュース

運送事業者を特定し確認へ

 またまた発生した降雪による首都圏の交通マヒだが、
大雪による立ち往生等を防ごうとさまざまな対策が
取られつつある。

 これもその一つになるが、国土交通省から
全日本トラック協会や各県トラック協会に
「降積雪期における道路管理者による立ち往生車両写真の
撮影等について」との事務連絡がなされた。

 降雪対策を怠ると、ヤバい写真、撮られちゃいますよ!

 文/トラックマガジン「フルロード」編集部、
写真/国土交通省・フルロード編集部

2021年の大雪による立ち往生がきっかけ
3年前の2021年1月7日から9日頃にかけて
日本列島は大雪に見舞われ、各地で立ち往生が発生し、
大きな問題になった。

 特にライフラインをつかさどるトラックは、簡単に運行を
止めることもできず、乗用車に比べ雪道での性能は確実に劣るし、
一旦スタックすると回避させる術がごく限られてしまうため、
立ち往生の主因になってしまうことがほとんどである。

 これを受けて2021年9月30日、国土交通省は
自動車局安全政策課長名で全日本トラック協会に
事務連絡を行なった。

「降積雪期における道路管理者による立ち往生車両写真の
撮影等について」と題された連絡事項は、

「令和2年末から令和3年初にかけて、高速道路など
において大規模車両滞留が発生したことを踏まえ、
降積雪期において、道路管理者が立ち往生車両の情報を
適切に把握するため、冬用タイヤ装着の有無等の状況を
写真撮影することとし、当該情報をもとに地方運輸局等が
当該車両を所有する運送事業者に降積雪期における
輸送の安全確保対策の実施状況を確認することにしたので、
事業者に周知願います」というもの。

狙いは降積雪期における輸送の安全確保対策の実施状況の把握
 立ち往生車両の写真撮影は、

1.前面ナンバープレートの写真。トレーラをけん引している
 場合はトレーラのナンバープレートも。
2.前方から当該車両も含めて後方の滞留状況を写した写真。
3.駆動輪のタイヤ側面(可能な限り大きく)。
4.駆動輪のタイヤトレッド面(可能な限り大きく)。
5.後方から当該車両も含めて前方の状況を写した写真

 となっている。

 ご存知のように、路交通法等により積雪または凍結で
滑る恐れのある道路を通行するときは、冬用タイヤや
タイヤチェーン等を装着することが義務づけられており、
違反すると罰則の対象となる。

 しかし、罰則や写真撮影より何より、一番肝心なのは
事前に降雪等の情報を把握し、大雪等にハマらない運行を
期すことだ。そのためには運送事業者が荷主の事前の了解を
取り付けるなど、危機管理を徹底する必要がある。

 現場の判断に任せっきりでは、バカをみるのは
トラックドライバーである。
【引用元:ベストカーWeb】
https://news.yahoo.co.jp/articles/959a3f0299defbe3d192b1421d7fb81255e5aca8

冬用タイヤ(スタッドレス)を着けていると
滑らないと思われている事が多いですが
積載の重量の影響もありますが滑ります。
これは一般普通車もそうですが滑ります。
チェーンを付けるのが遅いというのが
実際のところ多くあるように感じます。
しかしながら大雪の際に大きなリスクを
背負って走らなければならない状況が
あるのが現状です。
ドライバーさんも大雪で危険な状況で
必死で仕事を全うしてくれており
わざわざ違反走行をしているのではありません。
伝わり方が違うと立ち往生は大型車が原因の
ようになり写真を撮られて云々といわれたら
誰もドライバーをやらなくなってしまいます。
そうであれば警報級の大雪予報の際は
輸送をストップする事を義務化すればよいと思います。
大手も集配をストップしますのでその他も
同様で良いと考えます。
危険な状態での運行は避けるべきかと感じます。
大きな事故などが発生してからではなく
予防は必要かと思います。
高速道路が通行止めになる=輸送中止ぐらい
極端でもいいかもしれません。
そうする事で根源からの改善になります。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました