多子世帯の大学授業料 無償化へ

child-allowance.jpg ニュース

2025年度から 政府方針

 「異次元の少子化対策」をめぐり、政府は3人以上の
子どもがいる多子世帯について、2025年度から子どもの
大学授業料などを無償化する方針を固めた。
所得制限は設けない。教育費の負担軽減で、子どもを
もうけやすくする。「こども未来戦略」に盛り込み、
月内に閣議決定する。

 対象は子どもが3人以上の世帯。大学生のほか、
短期大学や高等専門学校などの学生も含める方針。
入学金なども含む方向で調整している。
子どもとしての数え方も今後詰める。

 年収380万円未満の世帯では現在、授業料を減免したり、
給付型奨学金を出す支援制度がある。
政府は今春、少子化対策として、24年度から、
年収600万円までの中間層の多子世帯などに対象を広げ、
授業料を減免すると発表した。

 今回は多子世帯は原則、所得制限なく無償化すると踏み込んだ。
戦略原案では「学業の要件について必要な見直しを図る」とも記した。
授業に出席していない場合は対象外とすることなどを想定している。
【引用元:朝日新聞デジタル】
https://news.yahoo.co.jp/articles/4e1c3cd2b31f220b992e90f766e9d7f970bedaff

大学授業料を無償化は大変ありがたいですね。
大学へ行かせたいけど行かせてあげれない家庭も
多々あるかと思います。
特に多子になると出費が多く大変です。
「子どもとしての数え方も今後詰める」ここは
大変重要ですね。
子供4人だとして上から2人は確実に対象になりますが
3子・4子が大学に行く頃は上の子2人は大学を卒業して
いるので非対象になる可能性があります。
下の子2人も対象となるような定義づけされることを
切に願います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました