「東九州新幹線」の費用対効果

train.jpg ニュース

日豊線ルートわずかに有利…久大線ルートと比較、大分県が試算

 福岡市と鹿児島市を結ぶ東九州新幹線の計画を巡り、
大分県は21日、福岡市から大分市までの区間をJR日豊線と
JR久大線沿いの2ルート案で比較した結果、費用対効果の
試算はわずかに日豊線ルートが高いとする調査結果を発表した。
大分県は、基本計画路線の東九州新幹線を整備計画路線に
格上げするよう政府に求めており、今後の議論を活性化
していくための基礎資料として調査した。

 東九州新幹線は全国新幹線鉄道整備法に基づき、1973年に
決まった基本計画路線の一つ。福岡市を起点に大分、
宮崎両市付近を経由し、鹿児島市を終点にすることが
定められている。

 今回の調査は、大分県東九州新幹線整備推進期成会が
野村総合研究所に委託した。日豊線ルートは山陽新幹線の線路を
一部利用して、小倉―大分間(約110キロ)は新たに整備し、
事業費(概算)を8195億円と推計。
久大線ルートは九州新幹線の線路の一部を活用して、
新鳥栖駅から大分駅までの約106キロは新設し、
8339億円と推計した。

 博多―大分間の所要時間は、46~47分と両ルートに
ほぼ差はないという。

 1日あたりの需要予測は日豊線ルートが2万3973人、
久大線ルートが2万2163人。2045年に着工して
60年に開業し、50年間運行したという想定で、過去の
国債の実質利回りや将来の物価変動などを踏まえた
費用対効果は、日豊線ルートが「1・27」、
久大線ルートは「1・23」と算出した。

 大阪など本州方面に速く行ける日豊線ルートに対し、
久大線ルートは九州内への交通の便が良い。
ただ、山間部を通り事業費が高くなるとしている。

 大分県の佐藤樹一郎知事は記者会見で、費用対効果について
「ほぼ同等とみていい」とし、「(九州で)新幹線がないのは
大分と宮崎しかない。実現に向けた機運を高めたい」と強調した。
【引用元:讀賣新聞オンライン】
https://news.yahoo.co.jp/articles/32e540ae1603b25184e35bfa064ce5b6cd0a8f9e

費用対効果は分かりませんが九州は宮崎県への
交通ルートが非常に不便です。
博多~大分~宮崎~鹿児島のルートは
あれば非常に便利になり大分と宮崎に
行く人も増えると思います。
宮崎県へ行きたいなと思うこともしばしばありますが
不便なのでそれならば鹿児島までや熊本にしておこうと
なってしまいます。
両県にとってはこれが出来ると経済効果が上がると
率直に感じますね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました