空前の“半導体バブル”で時給は3000円、賃料5割アップ

salary-increase.jpg ニュース

世界最大級メーカーの工場ができて地元はお祭り騒ぎに

今、株価も不動産価格も平成バブル時代の水準に迫っている。
大都市圏のみならず、一部地方ではすでに“バブル超え”を
果たしている土地も。このお祭り騒ぎに乗らずしてどうする?
好況に沸く現場を訪れて、その乗り方を探った。

⇒【写真】熊本・菊陽町に完成した世界最大級の
半導体メーカー・TSMCの工場は、今年12月までに生産開始予定

経済効果は10兆円以上!
「物件の供給がまったく追いついていない。
工場周辺の賃料はここ2年で5割以上も上昇しているんです」

こう話すのは熊本の不動産会社で働く営業マン。
「工場」とは、世界最大級の半導体メーカー・TSMCが
熊本・菊陽町に造った半導体工場のこと。
2月6日には第2工場の建設が発表されたが、その経済効果は
10兆円を超えるともいわれている。県予算10年分を上回る
経済効果&雇用増で熊本は今、空前の“半導体バブル”に
沸いているのだ。

昨年末に完成した第1工場に赴くと、通勤時間には
関係者のものと思しきクルマで工場周辺は大渋滞。
道路沿いには中国語表記のものも含めた無数の
立て看板が並んでいた。

「台湾の技術者が多数来日して働いているので、
それを目当てに海外の不動産事業者などが広告を
出してくれているんです。おかげさまで広告単価は
ここ1年で2割ほど上がりました」(広告関係者)

熊本市内の繁華街にも半導体バブルの余波が…
そのバブル効果は工場からクルマで30~40分の距離に
ある熊本市内の繁華街にも表れている。
キャバクラ店の店主は「TSMC関係者で売り上げは
3~4割かさ上げされている」と話すのだ。

TSMCがもたらす“賃上げ”効果
TSMCは岸田首相も手を焼いてきた
“賃上げ”効果をもたらしている。

「工場を運営する子会社のJASMは事務職でも
月給30万円以上。熊本の中小製造業の2倍近い水準です。
食堂の調理師も時給3000円。そこで働く人にとっては
嬉しい話でしょうが、同じ熊本で事業を営む者としては頭の痛い話。
こっちも給料を上げないと人を確保できないんだから……」
(JASMの出入り業者)

第2工場新設で今後、建設関係者で溢れること必至の熊本。
半導体バブルは、まだ始まったばかりかもしれない。
取材・文/週刊SPA!編集部
―[[令和バブル]に乗れ!]―
【引用元:週刊SPA!】
https://news.yahoo.co.jp/articles/eaee2104410afb77e7bb88daf24d44404c0b2671

短期及び中期的に出稼ぎとしていくのは
今の間ではないかと思います。
「お祭り」「バブル」の状態はどこかで
終止符が訪れます。
周辺の家賃が2倍ほどになっているようですが
都心部に比べたらまだまだ安いです。
それで時給3000円以上の見込みであれば
十分かと思います。
お祭り状態の時には「罠」があちらこちらにありますので
十分に注意してください。

しかしながら時給3000円となると近隣企業や
県内の企業は人材確保が進まず厳しい状況になりますね。
かといって3000円に合わせることは困難ですので。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました