被災地に「リアルアンパンマン」

bread.jpg ニュース

パン20万個を即時供給、業界団体に感謝の声

元日に発生した能登半島地震で被災者への食料品などの
供給が課題となる中、大手パン業者で構成する一般社団法人
「日本パン工業会」の取り組みが注目されている。
国の要請を受け、地震発生翌日からパンを被災地に輸送。
派遣された自衛隊の隊員が運搬する動画がSNSで拡散されると、
「迅速な行動」「本当に頭が下がる」などといった
感謝の声が続々と寄せられている。

日本パン工業会などによると、国から1月2日に要請を受け、
同会が数量などを調整。山崎製パンをはじめ、敷島製パン、
フジパンの各社の菓子パンや総菜パンなど約20万個が
石川県に届けられているという。

石川県のX(旧ツイッター)の公式アカウント「もっといしかわ」では、
山崎製パンから届けられたパンを自衛隊員が運搬する様子を動画で投稿。
また、元陸上自衛官でもある自民党の佐藤正久参院議員もXで
「ヤマザキパンさん、いつも災害時にご支援ありがとうございます。
避難所等に届けます」と今回の動画を添付して投稿するなどSNSで
拡散され、Xでは「リアルアンパンマンみたいで素敵」
「被災地域ではないけど、ありがとうと言いたい」
といった感謝の声が寄せられた。

山崎製パンによると、同社は1月2~5日に計約8万7700個を
現地に輸送。平成23年3月に起きた東日本大震災でも被災地へ
即座に供給を行っており、グループ全体で約1500万個のパンを
届けた。同社は大規模災害時の緊急食糧支援について
「被災地への緊急食糧の供給を行うことは、食品企業としての社会的使命」
などと公式サイトで説明しており、今回の能登半島地震でも実践した形だ。

日本パン工業会は「今後も要請があれば、
引き続き対応していきたい」としている。
【引用元:産経新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3d842c68bfb4cd690a24277aa193a83c82f1048

大手パン企業で構成されている
「日本パン工業会」は凄いですね。
迅速に対応できる体制が素晴らしいですね。
私の家でも日々お世話になっており
美味しいパンをいつでも食べれる環境を
作ってくださっており大変ありがたいです。
要請から現地へ届けるまで一貫して即座に
できるというのは強い企業ですね。
Xでも多々目にしましたが私も
「本当に頭が下がる思い」です。
その気持ちを込めて朝ごはんでパンを
家族でしっかり食べさせていただきます。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました