ヤマト運輸、海外から日本へ荷物を送る

delivery.jpg ニュース

越境EC事業者向け海上小口輸送サービス「OBOS」をスタート

ヤマト運輸は1月11日、海外から日本へ海上輸送で荷物を送る
越境EC事業者向け海上小口輸送サービスを始めた。
独自開発した海上小口貨物の輸入通関・保税システム
「OBOS(オーボス)」を活用。韓国からは最短4日、中国からは
最短5日で日本の消費者へ商品を届ける。

貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された事業者に対し、
税関手続きの緩和・簡素化策を提供するAEO制度に基づき、
ヤマト運輸はAEO通関事業者として国際物流サービスを提供している。

今回、小口貨物の輸出入通関・保税システムの開発を手がける
リバティコムと共同で、海上小口貨物の輸入通関・保税手続きを
円滑に行うシステム「OBOS」を開発。短時間で大量の通関・
保税手続きを行える体制を整えた。

海外の越境EC事業者は、海上輸送を利用して低コストで迅速に
日本の購入者へ商品を届けることができるようになるという。
フェリーを利用した場合、韓国からは最短4日、中国からは最短5日。

ヤマト運輸によると近年、韓国・中国からのアパレルや
化粧品などの輸入が増加しているという。
海外から日本への越境EC輸送は簡易的な輸入申告手続きが
適用されている航空輸送が現在は主流。需要増に伴い、
輸送コストと温室効果ガス排出量を抑えながら短時間で
大量の通関・保税手続きを可能にする海上輸送のニーズが
求められているという。
【引用元:ネットショップ担当者フォーラム】
https://news.yahoo.co.jp/articles/11bae04137f5b6d4f61ed748bc931d1efc49659e

韓国や中国から気軽に購入できるようになることは
良いのですが心配な点が多々ありますね。
特に配達の際のトラブルによりドライバーが
疲弊するのではないかと感じます。
後は、海上輸送で日本に来た時の荷物の
状態も気になります。
破損トラブルが多くなると予想されます。
今後の状況を注視したいと思います。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました