「トコジラミ発生と清潔さは別問題」

bed-bugs.jpg ニュース

宿泊施設への風評被害、専門家警鐘

今、韓国で大流行していて、日本でも流行のおそれが
出ている「トコジラミ」。
殺虫剤がきかない「スーパートコジラミ」の拡大も問題となっていて、
全国の相談件数は、2009年と比べると5倍以上に増加しています。
こうしたなか専門家は、「トコジラミ発生と清潔さは別問題」として、
誤った認識で宿泊施設への風評被害が出ないようしなければ
ならないと話します。

鳥取県境港市にある米子鬼太郎空港では10月、韓国ソウルへの
国際定期便が4年ぶりに再開しました。
韓国旅行がぐっと近くなった一方で、いま韓国で大きな
問題となっているのが…

韓国ソウル在住の学生
「10月末に大学の寮でトコジラミがいっぱい出てきたって
聞いて、地下鉄も危ないとか。一度出たら殺しにくいと聞いて
いるので、移ったりしていて、それが心配です」

「トコジラミ」はカメムシの仲間で、別名ナンキンムシとも呼ばれ、
体長は5ミリほどの害虫です。

日中は寝具や家具、カーテンレールの隙間などに潜んでいますが、
夜行性のため、夜になると活動し、寝ているの人の血を吸います。

そして、刺されると患部が赤く腫れ、激しいかゆみを伴います。

韓国国内では、大学寮や地下鉄、宿泊施設などで確認され、
各所で駆除作業などが行われています。

韓国ソウル在住の学生
「個人が作ったものなんですけど、どこでトコジラミが発生
したかの情報がまとめられたサイトもあります。それぐらい
みんな気になっている感じです」

また日本国内でも、徐々にトコジラミの相談が増えていて、
こうした状況には、宿泊施設も懸念を示しています。

米子市内の宿泊施設の代表
「最近になってインバウンドのお客様が少しずつに増えてきて、
コロナ禍前のにぎわいが戻ってきて嬉しいです。そうした中で、
最近はトコジラミのニュースをよく目にするので、今後のことを
考えると心配ですね。コロナのあとはトコジラミかと…
流行しないことを願うばかりです」

今後、日本でもトコジラミ流行の懸念が高まるなか、専門家は、
誤った認識により、宿泊施設への風評被害が出ないように
しなければならないと話します。

兵庫医科大学 皮膚科学 夏秋優教授
「誤解してほしくないのが、トコジラミがホテルや旅館で出た、
これは、そのホテルや旅館が不潔だ、不衛生だというわけでは
ありません。どれだけキレイに丁寧に掃除をしていても、
トコジラミが1匹でも壁のすき間などに隠れていて、
卵を持っていたとしたら、そこからどんどん増えてしまいます。
明るいうちは隠れていますし、部屋を暗くして掃除するわけに
もいきませんから、トコジラミと清潔さは別で考えてもらうと良いです」

夜行性のトコジラミが、一度宿泊者の荷物などに紛れ込んで
宿泊施設に持ち込まれてしまうと、そこから拡大を防ぐことは
容易ではないと言います。

兵庫医科大学 皮膚科学 夏秋優教授
「やはり、一度トコジラミが宿泊施設で出てしまったら、
すぐに駆除業者に駆除を依頼するということが重要だと思います。
そして、誤った認識で宿泊施設への風評被害につながらないと
良いなと思います」
【引用元:BSS山陰放送】
https://news.yahoo.co.jp/articles/e864525ad394bbc783d4e265eae0e31d814668eb

お隣の韓国で大流行しているのですね。
インバウンドもそうですがこの様子だと
輸入品などと一緒に日本へ来る可能性が
高いですね。
最低限の水際での対策が出来ればよいのですが
日本で流行してからでないと対策されなさそうで
怖いですね。
いつも後手後手ですので先手を打って
予防策を講じれる国になってほしいですが!

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました