修学旅行の風呂上がり「水滴チェック」あり?

bathroom.jpg ニュース

裸の生徒を教員が目視検査…中学校は「必要な指導」

 「中学2年の娘が修学旅行で、風呂上がりに水滴が付いてないかを
裸のまま教員にチェックされ『気持ち悪かった』と話している」。
福岡都市圏の市立中に通う女子生徒の保護者が西日本新聞
「あなたの特命取材班」にこんな声を寄せた。
調べると、九州を中心に全国の学校で行われているようだ。
ネット上には同様の体験を「水滴チェック」と称して
「不快だった」などと訴える書き込みが複数ある。
学校側は「入浴マナーを身に付けるためにも必要な指導」
と説明するが、果たして適切なのだろうか。

 情報を寄せた保護者によると、修学旅行があったのは昨年12月。
女性教員が裸で万歳させ、水滴の有無を目視で検査。
「上がってよし」や「拭き直し」を指示したという。

 学校側に取材した。男女それぞれの浴場に同性の教員を
2人ずつ配置し、水滴の有無に加え、決められた時間を
守らせるといった「入浴指導」をしたと説明する。
以前から続けているという。

 同校の今回の修学旅行を巡っては「子どもが裸で万歳をさせられた」
との匿名の苦情が福岡県教育委員会にもあった。
連絡を受けた市教委は学校側に事実確認を要求。同校の男性校長(57)は
引率した教員から話を聞き
「入浴指導はしたが、万歳をさせた事実はなかった」と結論付けた。
生徒への聞き取りはしなかったという。

 校長は「水滴だけでなく、タオルを湯船に入れないなどの
マナー全般を指導している。本来なら家庭で教えることではあるが、
知らないまま大人になれば恥をかく」と正当性を強調。
自身も教員時代から長らくしてきたといい「見直す考えはない」
と断言した。

 教育現場からは、水滴で旅館の床がぬれて児童、
生徒が転倒するのを防ぐといった、安全面の観点から必要な
指導との声も聞かれる。福岡県内の小学校の女性教諭(38)は
「気持ち悪いと感じる子がいるなら、指導の意図が伝わって
いないだけではないか」と言う。

 風呂上がりの指導はどれほど広く行われているのか-。
ネット上では経験者の声が多く取り上げられているものの、
文部科学省も「調査や統計はなく、分からない」としており、
実態は見えにくい。

 昨年7月、女性の生理に関する問題などを扱うウェブメディア
「女性ホルモン大学」は交流サイト(SNS)で水滴チェックに
関して調査した。応じた1119人の約4分の1が「経験がある」と回答。
「嫌だった」「抵抗があった」などの否定的なコメントが目立ったという。

 「教員に裸で万歳をさせられた」
「女性教員が男子生徒をチェックをしたりした」
といった回答もあった。女性ホルモン大学を運営する
「あしたるんるんラボ」(東京)の木内仁美副社長(34)は
「地域は東京や愛知などさまざまだが、九州が多い印象だった」
と話した。

 近年は、子どもの性暴力被害を防ぐため、胸やお尻など身体の
「プライベートゾーン」(体操服で隠れる部分)を他人に見せたり、
触らせたりしないよう教える教育が主流になっている。
福岡県も児童向けに啓発冊子を作成し、ホームページで公開している。

 子どもの権利に詳しい真下麻里子弁護士(42)=東京=は
「時代錯誤な指導だ。教員はプライベートゾーンがさらされることは
許されないと指導すべき立場なのに」と疑問視。
「転倒を防ぐなら小まめに床を拭くなど別の手段もある。
子どものプライバシーを侵害する理由にはならない」
との見解を示した。(平峰麻由、古川大二)
【引用元:西日本新聞】
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7834aa626aa4f863e84c9516def53e71fd9c649

「水滴チェック」って初めて聞きました。
修学旅行のお風呂でこんなことが起こっていたのですね!
今日は帰宅したら「水滴チェック」が修学旅行で
あったのかを子供たちに聞いてみます。
九州では多いとのこと。
浴室内でケガをしないための監視は必要かと思いますが
「水滴チェック」は微妙ですね。
浴室内の状況を監視する際に浴室内で水滴を
拭き取っているかを見てそのまま出ようとする生徒へ
注意するで良いかと思います。
一人ずつ水滴が無いかの確認をすることは
今の時代は「気持ち悪い」となるでしょう。
目的のためのやり方は見直す必要があると
感じます。
返答に「見直す考えはない」とありましたが
このような対応ではいけませんね。
時代錯誤と言われても仕方がないです・・・

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました