バスケ男子日本代表、中国を88年ぶりに撃破!

basketball.jpg ニュース

死闘の末歴史的勝利、馬場雄大24得点の大活躍【アジアカップ予選】

■バスケットボール FIBAアジアカップ2025予選
Window1 日本ー中国(25日、有明コロシアム)

アジアの頂点を目指す戦い、アジアカップ予選で
バスケットボール男子日本代表は、中国に76-73で
勝ち2連勝を飾った。五輪などの主要国際大会では
1936年のベルリン五輪以来88年ぶりに中国を下した。

日本の先発は、河村勇輝(22、横浜ビー・コルセアーズ)、
比江島慎(33、宇都宮ブレックス)、馬場雄大(28、長崎ヴェルカ)、
ジョシュ・ホーキンソン(28、サンロッカーズ渋谷)、
吉井裕鷹(25、SF/アルバルク東京)の5人。

世界ランクでは中国の29位に対し、日本は26位と
上回っているものの、五輪などの主要国際大会では
1936年のベルリン五輪以来88年間、中国に勝利していない日本。

第1Q、12人中7人が200cmを超える中国の高さを
生かしたプレーに6-14とリードを許す日本。
それでも途中から入った2人が流れを取り戻す。
主将、富樫勇樹(30、千葉ジェッツ)がフリースローを
2本成功させると、201cmの井上宗一郎(24、越谷アルファーズ)は
連続で3ポイントを決め、14-14の同点に追いつく。
その後再びリードを許すが、終了間際に富樫が3ポイントを決め
19-20と1点差で終える。

第2Qは互いに点を取り合う展開が続く。
日本は208cmのホーキンソンが守備ではリバウンド、
攻撃ではダンクと活躍。5分過ぎには、
テーブス海(25、アルバルク東京)がシュートを決め
33-33の同点に追いつく。さらにテーブスはファールをもらうと、
自らフリースローを2本成功させ、35-33と
この試合初めてのリードを奪う。その後も馬場の3ポイントで
追撃するが、中国にも得点を許し38-38で前半を終える。

第3Qに入ると、33歳のベテラン比江島慎(宇都宮ブレックス)が
自らのシュートや馬場へのノールックパスなどで好アシストを見せる。
勢いづく日本は攻勢をかけ、馬場がこの日4本目となる
3ポイントを決めると、富樫も3ポイントを成功させるなど
チームを鼓舞、55-51とリードのまま、最終第4Qに突入する。

第4Qに入ると、3ポイントを狙ってくる中国に対し、
リバウンドを取るなど必死のディフェンスを見せる日本。
馬場もフリースローを3本連続で成功させるなど、
この日24得点の活躍で中国を突き放す。
さらに苦しい場面で河村が3ポイントを2本成功させ、
エースにふさわしいプレーを見せる。
そして試合は73-70と3点差でタイムアップ。
日本は強豪・中国を破りアジアカップ予選2連勝を飾った。

【日本のアジアカップWindow1予選スケジュール】
■グループC(中国、グアム、日本、モンゴル国)
2月22日 日本 77-56 グアム(世界ランク76位)
2月25日 日本 76-73 中国(同29位)

■25年アジア・カップ予選
4チームずつ6組に分かれて行われる。グループCの
日本(世界ランキング26位)は中国(同29位)、
グアム(同76位)、モンゴル(同100位)と
ホームアンドアウェー方式で対戦。各組上位2チームが
25年アジアカップの出場権を獲得する。
各組の3位は最終ラウンドに回り、2組ずつ3チームに
分かれて総当たり戦を実施し各組上位の2チームが
本戦出場権を獲得する。
【引用元:TBS NEWS DIG Powered by JNN】
https://news.yahoo.co.jp/articles/3dec958ae722cd4e5fbbfc229058fb7ea866560a

日本代表おめでとうございます。
中国に88年ぶりの勝利とのことで
88年という数字に驚いています。
スラムダンク世代の私としては
バスケットボールは大好きなので
嬉しい限りです。
このままアジアの頂点へ向けて
快進撃を期待しています。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました