2024年問題に向け先進的な対策を香川労働局長らが視察

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

荷主が荷積みと荷降ろし行いドライバーの「荷待ち」時間を短縮

 2024年4月から、ドライバーなどの時間外労働にも上限が
適用されるいわゆる「2024年問題」。
荷物を送ったり受け取ったりする「荷主」の立場で先進的な
対策を行っている東かがわ市の企業を、香川労働局長らが
視察しました。

 他の企業の参考となる取り組みを紹介するため、
香川労働局長らが訪れたのは、東かがわ市の医薬品メーカー、
帝國製薬です。

 労働局によると、ドライバーの長時間労働の背景には、
「荷待ち」時間の長さがあり、荷主にも対応が求められています。

 帝國製薬では、自社で荷積みと荷降ろしを行うとともに、
トラックの到着後すぐに作業を始められるよう準備することで、
「荷待ち」の時間を30分以内にすることを目指しています。

 ほかにも、2023年1月から、トラックと鉄道を組み合わせた
輸送を始めるなど、ドライバーの負担軽減に向けた取り組みに
ついて意見交換しました。

(帝國製薬/藤岡実佐子 社長)
「運転手さんが運送しなくてはいけない時間と距離を、
少しでも短くしていくということから始めようということで
取り組んでいる」

(香川労働局/栗尾保和 局長)
「荷物をしっかり運ぶという点については、輸送する側だけでなく、
荷物の発送を依頼する側もしっかり考えていただかないと安定的な
荷物の輸送はできないので、周知をしていきたい」

 香川労働局は、24日視察した帝國製薬の取り組みを
ホームページなどで紹介するとしています。
【引用元:KSB瀬戸内海放送】
https://news.yahoo.co.jp/articles/b51f5dc338bfea65a9c9f53ddebdfc20a26d5730

荷積みと荷降ろしは倉庫側で実施して
トラックを回転させないと待機トラックが
増えて効率が悪いです。
ちゃんとされているところは倉庫側で
荷積みと荷降ろしをしています。
いまだに荷積みと荷降ろしを
ドライバーにさせている所がありますが
これは企業というより担当者の怠慢であると
考えられますので管理者は現場の改革が
必要かと思います。
時代錯誤な体制では市場より取り残されますので
早急な改善が必要であると考えています。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました