富士通とYEデジタル、物流分野の課題解決を支援

Logistics-issues.jpg 物流2024年問題

両社の物流センター関連サービスを相互提供

 富士通株式会社と株式会社YE DIGITAL(以下、YEデジタル)は
29日、両社の物流センター関連サービスを相互に提供する協業を
実施すると発表した。これにより、物流センター内のオペレーション
全体を見据えた最適化を実現し、ロジスティクス分野の
社会課題の解決を図るという。

 今回の協業では、物流センター関連サービスやロボットなどの
自動化技術、業務知見などの両社の強みを合わせ、企業の物流事業を
支援する、サプライチェーン全体を俯瞰した物流センターの
あるべき姿をデザインする。
あわせて、WMS(Warehouse Management System:
物流センター管理システム)とWES(Warehouse Execution System:
倉庫実行システム)の最適な組み合わせを提案し、導入・運営までを
支援するとした。

 このうち富士通では、さまざまな業種の物流センターの業務管理に
対応し、複数拠点を管理するとともに、柔軟な拡張性を持ち、
蓄積された業務データの可視化・分析が可能なWMSを提供する。
またコンサルティングサービスとして、物流センター構築における
企画や、センター内業務および配送業務の改革・改善の実行計画や
業務コストのKPI設定など、利用企業のロジスティクス業務の
変革も支援するとのこと。

 一方のYEデジタルは、WMSと、自動化設備のリアルタイム
制御を行うWCS(Warehouse Control System:倉庫制御システム)
の間で、物流現場の制御・管理を担うWES「MMLogiStation」を提供。
従来、WMSが行っていた制御と管理をWESに分離することで、
ロボット・自動化設備の導入や作業手順の変更など、業務の変化にも
迅速に対応可能になるとしている。

 こうしたWMSとWESの提供によって、物流センターに
自動化設備を効果的に導入し、現場業務の効率化を実現するとともに、
納品・出荷する物品や作業者、設備など、さまざまな統制指示が
必要なセンターの管理業務を統合化されることで、作業員の
適正配置による、労働力不足が解消可能になるという。

 また、自動化設備の効率的な運用により、ドライバー不足の
解消施策の1つである、輸送車両の荷待ち時間短縮を
実現するとのことだ。
【引用元:クラウド Watch】
https://news.yahoo.co.jp/articles/665d51e679b0e841dcedffcbf00f4a75e84d994a

協業にて問題解決を進められていますね。
これから重要となる「協業」です。
業界内に協業の輪がどんどん広がっていくことに期待ですね。

contact.jgp

福岡県【筑豊エリア】【北九州エリア】
飯塚市/田川市/嘉麻市/嘉穂郡/直方市/鞍手郡で
物流加工・発送代行・配送代行・商品保管(坪貸し)・賃貸倉庫・
物流倉庫アウトソーシング(委託)をお探しなら
株式会社TransportWunder(トランスポートヴンダー)へ
ご依頼ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました